「あわのや酒店」  地酒とワイン大好き 女将と、 四代目若旦那のブログ

awanoya.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 8月の営業 semスキン用のアイコン02

  

2017年 08月 13日

 8月の休業日は

  20日
  27.28日です。

 お盆は休まず営業しております。  


あわのや酒店 いわき市平大工町11-8            Tel  0246-22-3311            Fax  0246-22-3312

[PR]

# by awanoya | 2017-08-13 11:03 | お知らせ | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 ヤマトヤゼンナイ  大和屋善内 semスキン用のアイコン02

  

2017年 06月 22日

喜多方 峰の雪酒造さんより
ヤマトヤゼンナイ
純米無濾過生詰の入荷です。
ん?白ワインと思わせるさわやかさ満載!
優しい甘さもあります
横文字ラベルで720mlは」ちょっと見 
ワインのようです。
1.8Lもワイン風のボトルにしたかったそうですが
見つからず断念したそうです。

a0046113_17415856.jpg
720ml ¥1,250(税込み¥1,350)
1.8L ¥2,500(税込み¥2,700)
                      
 

                      こちら 好評発売中の                              大和屋善内 純米吟醸 生詰め
           心地よい甘味とフルーティな香り
              おすすめですぞ!
a0046113_17415933.jpg
              720ml ¥1,750
               1.8L  ¥3,500

お酒とは別にお店に入ってきたのは
なんと この方
a0046113_17420014.jpg
        右側 峰の雪酒造の 杜氏 佐藤健信さんです。
 
        左側は当店の四代目です。 
       健信さんも 峰の雪の四代目 年も同じなんですよー
       
       あわのや酒店も 峰の雪酒造も 応援お願いいたしますねー






[PR]

# by awanoya | 2017-06-22 17:41 | 日本酒 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 連休のお知らせ semスキン用のアイコン02

  

2017年 06月 09日

a0046113_10213876.jpg


[PR]

# by awanoya | 2017-06-09 10:21 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 雪の布団で寝てました。 semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 26日

寒い寒い冬の間
暖かな雪のお布団に
ほっこり包まれ寝てました
とっても静かで落ち着いて
優しい気持ちになりました

桜の花が咲くころに
もう起きなさいと
雪のお布団はがされた

とんがり角がなくなって
まあるくまあるくなりました




というわけで一定温度で保存されたお酒は
まろやかな味です。

栄川 栄シリーズ「雪中貯蔵酒」
特別純米原酒 


a0046113_19200000.jpg
720ml  1429円  1.8l 3086円 (税別)

[PR]

# by awanoya | 2017-05-26 19:37 | 日本酒 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 いわきの地酒 又兵衛 semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 10日

いわきの地酒「又兵衛」のこんな額がでてきました。
a0046113_10482676.jpg

原画は福島県立博物館にあるそうです。
長谷川雪提という方の作品らしいです。
楽しい絵ですね
弘化二年というと172年も前になりますわー
では、お酒も紹介しましょうね
a0046113_11343068.jpg

人気の大吟醸は栓が変わっています。
お土産にも人気,味も勿論人気!
a0046113_11350507.jpg
昨年より発売された純米吟醸!
こちらはラベルの紙が豪華
福島のお米「夢の香」を使用しています。
a0046113_11352832.jpg

「いわき」の文字がはいった本醸造と純米
a0046113_11355466.jpg
加水していない原酒
a0046113_11361022.jpg

ちょっと
甘めの純米酒
名は「ふくみ」ラベルがかわいいです。

a0046113_14440614.jpg
そうそう 超限定の吟醸生
その名も「平さん」
ここは平町なのです。
ぴったりの名前

「いわき」では又兵衛を一度は飲んでくださいませ。




                            あわのや酒店女将でした











[PR]

# by awanoya | 2017-05-10 14:36 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 お休みです。 semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 06日

 連休も終わりですね。
 連休休まず営業した分
 明日7日は 
 休業させていただきます。
 また月曜日からよろしくお願いします

 

[PR]

# by awanoya | 2017-05-06 19:29 | お知らせ | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 辰泉 辰ラベル№2  semスキン用のアイコン02

  

2017年 05月 05日

a0046113_16030195.jpg
 お待たせしましました。
 純米吟醸 辰ラベル №2の入荷です。
 中取り 無濾過生原酒 
 精米歩合50%なので 中身は大吟醸じゃござんせんか
 蔵元からは
  「フレッシュで柔らかな香、五百万石 由来のクリアーな甘味・旨み
  そしてすーっとなめらかな飲み口」
 とのお話どおり いい出来です。

 本数限定 入荷数も少ないので お早目にお買い上げください。

  720ml ¥1,600(税抜き)   1.8L ¥3,200(税抜き)

 あわのや酒店  TEL0246-22-3311

[PR]

# by awanoya | 2017-05-05 10:42 | 日本酒 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 辰泉 純米吟醸 会津産京の華1号 semスキン用のアイコン02

  

2017年 04月 11日

会津 辰泉酒造さんより楽しみだったお酒が入荷です。
「辰泉純米吟醸 会津産京の華1号」です。
a0046113_16201433.jpg
 「京の華」は高名な育種家である工藤吉郎兵衛翁が創り出した酒造好適米です。

「亀の尾」直系の酒造米「酒の華」と兵庫県の酒造米「新山田穂」の交配により
大正時代末(1920年代)に山形県庄内地方で生まれました。

 福島県会津地方でも、会津の土地に合った酒造米として
独自に選抜育種され、
会津の清酒が飛躍的に成長した原動力を担いました。

しかし徐々に姿を消していきました。
栽培が難しい上、生産性が低い為だと言われています。

それを1983年に地元農家と共に復活栽培をはじめました。
が、近年自家採種栽培による不良株の混入・先祖返り・
他品種との交配などが懸念されていたため、
2015年より開始した「京の華種場プロジェクト」にて、
原種を新たに入手し種籾のっ生産開始。
2016年「京の華1号」は農林水産省により、
福島県の産地品種銘銘柄として登録されました。

ということで、この肩張りには「会津産」という名前が入っているのです。


a0046113_16203029.jpg
以前、辰泉酒造の新城代表が 
やっとお酒が造れるぐらいお米が採れる事
会津産の肩書がつけられる事を 
嬉しそうに話していました。

今年、ついに「会津産 京の華1号のお目見えです。

今年は 720mlのみの販売です。
じわーっと広がる旨み 余韻をお楽しみください
限定数での入荷です。

¥1,750(税別)にて販売




[PR]

# by awanoya | 2017-04-11 18:24 | 日本酒 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 FAX番号が変わりました。 semスキン用のアイコン02

  

2017年 03月 28日

 当店のFAX番号が変わりました。

  0246-22-3312
                            です。
電話番号はかわりません。

よろしくお願い致します。

[PR]

# by awanoya | 2017-03-28 13:00 | お知らせ | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 うれしかった事!! semスキン用のアイコン02

  

2017年 03月 27日

雨の年度末最後の週の一日目でした。


先週 とてもうれしい事がありました。

あの震災の日 まさにその瞬間に 店頭でお買い物をなさっていたご夫婦が
再来店してくださったのです。

海岸通りをドライブして 豊間の灯台下のお店でお買い物をしていらしたというご夫婦!です。
(あと一時間遅かったら津波に遭っていたかもしれなかったのです)

買った物を慌てて抱え車に乗りお帰りになったのですが、当店の事が気になっていたそうです
当店でも このご夫婦の事は気になっていました。大宮から来られたので無事帰宅できたかどうかと・・・

何年か後にこのグログを見つけて下さって お電話をくださいました。
お互いの無事と 津波の難を逃れた幸運、帰宅するのに苦労したお話をしたと思います。

あれから6年、また いわきにいらして当店にも立ち寄って下さいました。
あの日のことをお互いに確認しあって お互いの無事を喜びあいました。

ところが・・・・お名前を聞いていませんでした。
なーんてこったい!!お・お・ま・ぬ・けです。

「またくるね!」とおっしゃってたので それを待ちましょうかね。

もし これを読んでくださったら またお電話くださいね

 ぬけさく・・の女将でした。





[PR]

# by awanoya | 2017-03-27 17:11 | 日記 | Comments(0)