「あわのや酒店」  地酒とワイン大好き 女将と、 四代目若旦那のブログ

awanoya.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 <   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧 semスキン用のアイコン02

  

semスキン用のアイコン01 浦霞 ひやおろし semスキン用のアイコン02

  

2014年 09月 18日

a0046113_1454535.jpg
火入れ後急冷でさらに酒質アップ!


さすが!の声が上がる 宮城の浦霞さんのひやおろしです。


25BYの原料米ササニシキは溶けやすく、給水時間を短くするなど 注意して仕込んだそうです。



「程よく熟成されたふくらみとやわらかさ、そして穏やかで上品な香りのひやおろしを皆さんにおとどけしたい」と、小野寺杜氏のお言葉です。


720ml  1,340円 (税抜き価格)
  1.8l 2,740円  (税抜き価格)



先日は浦霞醸造元、佐浦の佐浦弘一社長と
お会いしました。日本酒のすばらしさを国内、国外と伝えてくださっています。
a0046113_15133100.jpg

この㈱佐浦には、いわき市それも平出身の女性の方がいらっしゃるんです。 
なんとなく身近にかんじてしまいますうううう


あわのや酒店   いわき市平大工町11-8
  Tel  0246-22-3311   fax 0246-23-3801
[PR]

by awanoya | 2014-09-18 12:00 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 奈良萬ひやおろし semスキン用のアイコン02

  

2014年 09月 16日

a0046113_14483945.jpg秋の旨酒 「ひやおろし」が入荷してきました。

   冬から春にかけて醸造された清酒は、火入れされタンクで貯蔵されます。この清酒が夏を越え 初秋の外気が冷えて 酒の温度と同じ位になると、気温による酒質の変化が心配 ないとして 火入れをせずにビン詰め(生詰)可能になりま す。昔、樽詰が一般的であった頃は、(なまでつめる・・・ ひやでつめる・・・ひやでおろす・・・ひやおろし・・・

万歳!万歳!)と言って待ち焦がれたそうです。それで
初秋に生詰される清酒を、「ひやおろし」と言うように
なりました。約半年の間熟成され旨みののったお酒です

毎年ご好評を頂いている
  『奈良萬』
  いの一番のご紹介です。

  720ml 1300円(税抜き) 1.8L 2600円(税抜き)

あわのや酒店   いわき市平大工町11-8
  Tel  0246-22-3311   fax 0246-23-3801
[PR]

by awanoya | 2014-09-16 14:48 | Comments(0)