「あわのや酒店」  地酒とワイン大好き 女将と、 四代目若旦那のブログ

awanoya.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01  いわきの地酒「又兵衛」の酒蔵が テレビに・・・ semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 22日

 4月に日本テレビのドラマの撮影がいわきで行われ 「いわきの地酒」 でおなじみ 「又兵衛」の四家酒造の酒蔵でも撮影されました。
 放映は 7月4日(火曜日) 日本テレビ系です
   「青いバラの微笑」 お見逃し無く
a0046113_144575.jpg

a0046113_10583956.jpg
 主演の岡田浩暉さんと四家酒造のご主人

「うちの蔵が撮影場に・・・」と
 ちょっとはにかみながら報告してくれました。





a0046113_1181112.jpg
 松澤一之さんと 四家酒造のおかみさん

「今回嫁がひとこと台詞があって」と いつも,ニコニコほんわか
あったかいおかみさんも いつもの笑顔で迎えていました。 




いわきの駅前でも撮影したそうなので
  もしかしたら うしろのほうに「あなた」も写ってるかも
[PR]

# by awanoya | 2006-06-22 11:34 | イベント | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 いわき市遠野町がテレビにでるよ semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 21日

a0046113_14353792.jpg
いわきの遠野がテレビに
 でる!!

6月25日
 福島テレビ


いわき市は
 16:50頃から

出演
 加藤晴彦さん
 中西哲生さん 


郷土のテレビ
 みなさん
 見てくださいな

遠野キャンプ場で撮影しました
 
[PR]

# by awanoya | 2006-06-21 14:58 | イベント | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 おやじに・・・ semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 13日

a0046113_19235659.jpg
「てやんでぃー べらぼうめ」
なんて声が聞こえてきそうなおやじの顔が印象的!
梅錦 「おやじの酒」
    ¥1,672










a0046113_19232645.jpg
 

      クリアケース入り
[PR]

# by awanoya | 2006-06-13 20:27 | 商品案内 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 おこづかいで・・・大丈夫よ 父の日のプレゼント semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 08日

a0046113_18205179.jpg

父の日にお子様から何か・・・
 


いつもよりちょっといいビール
   なんてどぉ~?
  おこづかいで十分です。


かっこいい袋にでも
       入れましょうかね

 ご相談窓口  あわのや酒店 
[PR]

# by awanoya | 2006-06-08 18:25 | 商品案内 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 赤い包装紙なんです semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 06日

a0046113_17454375.jpg
秋田 太平山より
 赤 澄月本日入荷です

 誕生まで15年もの歳月をついやした、秋田県オリジナル酒造好適米「秋田こまち」
秋田生酛開発蔵の太平山の生酛造りで醸し誕生しました。
お米の持つ味わいと、生酛つくりの深い味わいをお楽しみください。


純米大吟醸
   720ml ¥1.966 
   1.8ml ¥3,918
純米吟醸
   720ml ¥1,441 
   1.8ml ¥2,865
  どちらも数量限定です。


 お買い上げ第一号は ビジネスブログ研究会のパピルスさんのかっこいい寛之さんでした。
 
父の日にって 親孝行だわねぇ~
  ラッピングのプロの前でのラッピングは 冷や汗もんでした。

 お問い合わせ  あわのや酒店 TEL0246-22-3311


 
[PR]

# by awanoya | 2006-06-06 18:12 | 商品案内 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 にんじん焼酎 珍(めずらし) semスキン用のアイコン02

  

2006年 06月 04日

a0046113_14212615.jpg
6月第三日曜日は 
   父の日
 焼酎好きのお父さん!
 でも 栄養も採ってほしい

だったら これ 
 
人参のエキスだっぷりの焼酎

   720ml ¥1,365

 父の日のプレゼントに
   
    どおぉ~?

 お問い合わせ あわのや酒店
    0246-22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-06-04 14:30 | 商品案内 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 28日 福島の酒 きき酒会  いわきワシントンホテルにて semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 29日

きき酒会の様子で~す。
a0046113_18322117.jpg
今年は去年の二倍約300人強のお客様がいらっしゃいました。
 
私は真ん中のブースで 仕込み水とお酒についてのコーナー担当でした。
 今年はクイズの正解者もたくさん出ました。
みなさん舌も こえてきたようですねぇ~

a0046113_18323396.jpg
現在、いわき温泉郷では、
ドイツ南部の温泉保養地、バーデンヴァイラー市との交流を行っていて、その市に隣接するブリッチンゲン村のワインを紹介してくださいました。

 馬の満足げな顔のポスターが目を引きました。
 
参加できなかった方
 来年をお楽しみに・・

 28の蔵元の皆様、協力してくださった小売店の皆様お疲れ様でした。
酒楽会の方々 本当にお疲れ様でした。
 お酒を楽しんでくれる方が増えるといいですね。

 それにしても    つかれた~ 年だわ・・(^_^;)
    でも  
      たのしかった~(*^_^*)

      来年の為のお問い合わせ  いわき市平 あわのや酒店
                                   TEL0246-22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-05-29 18:57 | イベント | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 アイスワイン semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 26日

a0046113_1745146.jpg
今日お客様が「あった~!」と悲鳴のような声を上げながらお買い上げになり大事そうにかかえておかえりになりました。
  「アイスワイン」byドイツ

右、 フラメルスハイマー・クロイッツヴィック
      リースリング  375ml ¥5,000
       (金賞受賞ワイン)

左、 ベヒトルスハイマー・クロスターベルグ
      シルバーナ  375ml ¥3,500

 ベリースイート 極甘口です。
デザートとして食前酒として飲みます。
 ケーキなんかとあわせても グー!!
「アイスワイン」ってなんだろー (?_?)
 文字通り、真冬の樹下で凍った葡萄を積み、凍ったまま搾汁して造るワイン。
厳寒日の訪れを待ち樹についたまま凍る葡萄を、すぐさま摘み取りプレスする。
糖・酸・アロマのエッセンスだけが得られ、味わいは、酸味と甘みの調和が織り成す
    ワインの本筋をつくすばらしいものになるのです
でもね・・
 そうそう熟成と厳寒日が 「ぴったしかんかん」なんてチャンスなんてない!
へたすりゃ腐ちやうだけだし 摘み取りは早朝だから 人手も確保しとかなきゃ~
す早くやらきゃならないし(ドイツは寒いからすぐはとけないけどね)
 とにかく 造るのがターイヘンなワインなのよ
 
   お問い合わせ いわき市平 あわのや酒店  TEL0246-22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-05-26 18:31 | 商品案内 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 巨大かぶとむし semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 25日

a0046113_17395287.jpg

 新潟からの帰り 四年前に
知り合った埼玉の酒屋さんの
だんなさんの事務所へ
(インテリアデザイナーなの かっこいいね!)
帰りに「カッパ橋通り」を通って上の駅へ
 ふとビルを見ると 

カブトムシだぁ~
それもすっごくでかい!
 
何のお店だったか忘れちゃったけど インパクト”大”だわ
 
[PR]

# by awanoya | 2006-05-25 17:48 | 日記 | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 新潟に行ってきました。ワン semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 23日

a0046113_17491327.jpg
a0046113_17491377.jpg
 日曜・月曜日と新潟へ 酒屋さんの
  集まりに行ってきました。
  なんと雪が・
ホテルの周りにも雪が残っているのよ~
 でも、仲間たちと情報交換をし
          (もちろん飲んでよぉ~)
あつ~い心で帰ってきました。
 
美味しいお酒を がんばって発信しなければ
             決意新たに 頑張ります
[PR]

# by awanoya | 2006-05-23 17:49 | 日記 | Comments(0)