「あわのや酒店」  地酒とワイン大好き 女将と、 四代目若旦那のブログ

awanoya.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 アイスワイン semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 26日

a0046113_1745146.jpg
今日お客様が「あった~!」と悲鳴のような声を上げながらお買い上げになり大事そうにかかえておかえりになりました。
  「アイスワイン」byドイツ

右、 フラメルスハイマー・クロイッツヴィック
      リースリング  375ml ¥5,000
       (金賞受賞ワイン)

左、 ベヒトルスハイマー・クロスターベルグ
      シルバーナ  375ml ¥3,500

 ベリースイート 極甘口です。
デザートとして食前酒として飲みます。
 ケーキなんかとあわせても グー!!
「アイスワイン」ってなんだろー (?_?)
 文字通り、真冬の樹下で凍った葡萄を積み、凍ったまま搾汁して造るワイン。
厳寒日の訪れを待ち樹についたまま凍る葡萄を、すぐさま摘み取りプレスする。
糖・酸・アロマのエッセンスだけが得られ、味わいは、酸味と甘みの調和が織り成す
    ワインの本筋をつくすばらしいものになるのです
でもね・・
 そうそう熟成と厳寒日が 「ぴったしかんかん」なんてチャンスなんてない!
へたすりゃ腐ちやうだけだし 摘み取りは早朝だから 人手も確保しとかなきゃ~
す早くやらきゃならないし(ドイツは寒いからすぐはとけないけどね)
 とにかく 造るのがターイヘンなワインなのよ
 
   お問い合わせ いわき市平 あわのや酒店  TEL0246-22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-05-26 18:31 | 商品案内 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 巨大かぶとむし semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 25日

a0046113_17395287.jpg

 新潟からの帰り 四年前に
知り合った埼玉の酒屋さんの
だんなさんの事務所へ
(インテリアデザイナーなの かっこいいね!)
帰りに「カッパ橋通り」を通って上の駅へ
 ふとビルを見ると 

カブトムシだぁ~
それもすっごくでかい!
 
何のお店だったか忘れちゃったけど インパクト”大”だわ
 
[PR]

# by awanoya | 2006-05-25 17:48 | 日記 | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 新潟に行ってきました。ワン semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 23日

a0046113_17491327.jpg
a0046113_17491377.jpg
 日曜・月曜日と新潟へ 酒屋さんの
  集まりに行ってきました。
  なんと雪が・
ホテルの周りにも雪が残っているのよ~
 でも、仲間たちと情報交換をし
          (もちろん飲んでよぉ~)
あつ~い心で帰ってきました。
 
美味しいお酒を がんばって発信しなければ
             決意新たに 頑張ります
[PR]

# by awanoya | 2006-05-23 17:49 | 日記 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 第四回「福島の酒 きき酒会」 semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 20日

a0046113_176589.jpg
 今年もやってきました。
    第4回「福島の酒 きき酒会」
     5月28日(日) 15:00~17:00
  
     会場 いわきワシントンホテル椿山荘

入場料1000円(前売800円)安いです。
                 (いわき小売酒販組合青年部主催)

  各蔵元直々の出展になるので「造り手」の話も聞けちゃいます。これが楽しいのよね
  「きき酒当てクイズ」もあり正解者には地酒がもらえます。 ゲットしよー!

参加蔵元(銘柄)順不同
 千功成、大七、奥の松、笹の川、雪小町、三春駒、金寶、千駒、夢心、喜多の華、大和川、
会津ほまれ、笹正宗、会津栄川、花春、名倉山、栄川、末広、天明、金紋会津、又兵衛、
太平桜、磐城壽、白富士、薩摩酒造(白沢)。の予定

たくさんのお酒を きき酒できるいいチャーンス!
  前売り券ありまーす。

        (ちなみに私は当日は ホステスです。 そう・・飲めない (>_<)

お問い合わせ  あわのや酒店 TEL0246-22ー3311
[PR]

# by awanoya | 2006-05-20 17:06 | イベント | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 14年古酒 大七 自然酒生酛 1992 semスキン用のアイコン02

  

2006年 05月 18日

a0046113_1418387.jpg
14年もの月日を経て熟成した逸品
 
 1992年度 今は亡き名杜氏、伊藤勝次、金田一政吉が醸造。
 熟成に対する生酛造りの力強さは、蔵元も驚き。
 
 原料米・・花吹雪(二本松産 減農薬減化学肥料栽培)
 日本酒度・・・+2   酸度・・・1.9  酵母・・・大七酵母
 精米歩合・・・69%以下     500ml ¥1,890

うちの子より年取ってる。 そんなに古酒らしさはないかもしれない
 ぬるめの燗で旨みが広がる~  感動的!
                 時代をかみ締め 飲んでほしい一本です    
    
      お問い合わせ あわのや酒店  TEL 22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-05-18 14:18 | 商品案内 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 花見には 寒いべ semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 07日

 「これから花見~(^.^)」
 酒を買い込む人の多い日ですが・・・
 
ちと、今日は寒いんでないかい?
    (まぁ~いいトコ一時間!後はどっかの飲み屋に入るしかない)

 持込可のカラオケ屋さんが、繁盛するかな

 ワンカップ酒 いろいろ持って楽しむのがいいかも

   
[PR]

# by awanoya | 2006-04-07 19:32 | 日記 | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 土佐 宇宙酒 semスキン用のアイコン02

  

2006年 04月 03日

a0046113_14225954.jpg
  4月1日解禁
 
高知県産の酵母と種もみをカザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地に持ち込み、ソユーズロケットに搭載、酵母は約10日間宇宙を旅してきました。その宇宙に行ってきた酵母を使ってできあがった土佐の地酒が土佐宇宙酒です。

  飲めば宇宙気分になれる! かもね

    720ml 2,000円~2,625円(蔵によって価格別)
[PR]

# by awanoya | 2006-04-03 14:49 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 もう 「春」です semスキン用のアイコン02

  

2006年 03月 21日

a0046113_13231633.jpg
 暑さ寒さも彼岸まで
   そう!春です!
 
 桜の花の下で お弁当もって! 
              こんな酒なんてどう?

 華鳩『花見酒』吟醸 生(広島)
  爽やかな香りと春の海のように軽快でなめらかな
味わいの吟醸旨酒。
 冷でも燗でもすーっと飲めます。

                             1.8L 2,310円(税込)
[PR]

# by awanoya | 2006-03-21 13:28 | 商品案内 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 甘酒 semスキン用のアイコン02

  

2006年 03月 03日

a0046113_182134.jpg
 微粒入りのサラサラ・タイプ。原料には環境保全米「ささろまん」を
使い、純米酒並みの60%まで磨いたお米から造る麹だけを使って
造られました。
  雪のように真っ白な甘酒には、米麹そのままの優しい甘味が
生きています。
 夏にはそのまま冷やして、あるいは生姜を入れたり、すりおろした
柚とあわせたり、アレンジもお好みで。
   手軽なアルミパック入りなのでそのまま冷凍庫に入れて凍らせ
シャーベット状にしても楽しめます。

                                    130g・157円
案内が遅くなったけど いつ飲んでも美味しいので )^o^(
 
                          
[PR]

# by awanoya | 2006-03-03 18:13 | 商品案内 | Comments(1)

semスキン用のアイコン01 立春朝搾り 30蔵勢ぞろい semスキン用のアイコン02

  

2006年 02月 22日

a0046113_13542968.jpg


立春朝搾り30蔵の試飲会がありました

 香り 味わい ラベル、瓶形、様々でした。
 どの蔵も お蔵さんの個性が出ていたようで、どのお蔵さんのも うまかった! 
 
うすにごりは 埼玉の「天覧山」、愛媛の「千代の亀」さんの二蔵で
                   「千代の亀」さんのは微発泡でもありました。
 
 来年も楽しみな商品です。

 福島の栄川酒造では、立春朝搾りの酒粕をつかった焼酎が造られる事になりました。
  吟醸香あふれる焼酎です。 お楽しみに!
                        度数、容量、値段等は 今検討中です。

 お問い合わせ  あわのや酒店 電話  0246-22-3311
                   ファックス 0246-23-3801  まで
 
[PR]

# by awanoya | 2006-02-22 14:13 | 立春朝搾り | Comments(3)