「あわのや酒店」  地酒とワイン大好き 女将と、 四代目若旦那のブログ

awanoya.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 つい・・・・ semスキン用のアイコン02

  

2006年 11月 03日

横浜から来たという若者二人
地元の酒がほしいとの事

 いわきの酒 福島県の酒と説明しているうちに酒談義
 閉店間際だったのだが つい長話

お酒の発送の注文をいただいてお店の名詞を渡して・・・

聞けば仙台から来てこれから湯本に一泊だそうだ なんとも人懐っこい笑顔で・・

 「これもってきな~」と つい300mlのお酒を持たしちゃった

 若者と笑顔によわい女将である。(^_^;)
[PR]

# by awanoya | 2006-11-03 19:35 | 日記 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 亀寿 ひやおろし semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 28日

a0046113_1819448.jpg

 ひやおろし「亀寿」秋田 日の丸醸造所
 幻の復活米「亀の尾」を使用し、高橋良治杜氏さんが精魂込めて醸した味吟醸酒。色々な料理とのマッチングをお楽しみください。
[PR]

# by awanoya | 2006-10-28 18:25 | 商品案内 | Comments(5)

semスキン用のアイコン01 塩が一番だった semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 28日


a0046113_18131917.jpg
今年の亀寿(秋田 日の丸醸造所)を飲んでみようと思った
 夕飯は息子のリクエストのとんかつと 春菊をいただいたのでてんぷら
 油物かぁ~ まいいか ってことで飲んでみた。
 
 栓を抜く   果物のような香りがした。
 まず、一口 口いっぱいに広がる旨味、麹の香り
 飲む     後に残る余韻もいい
 
 春菊の香りが心配だったが 余り匂いの無い春菊でそれほど邪魔にならない
 
 ソースは合わないみたい、 てんつゆもなんとなく・・・・

 ヒマラヤの岩塩をかけて食べる。  んん~いいじゃない!
 岩塩だけなめて飲む・・・・きゃーおいしい 塩が一番!

 あー燗して飲もうと思ったのになくなったぁ~
                       次回のお楽しみ
[PR]

# by awanoya | 2006-10-28 18:16 | 日記 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 秋だ!ひやおろしだ! semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 25日

 山も赤く染まり秋も深まってきましたね。 と)いえば 「ひやおろし」です。

 春先に搾られた新酒は、一度火入れ処理された後、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠って過ごし、熟成を深めます。 やがて秋風が吹き始めたら、二度目の火入れをせずに生詰して出荷されます。 その昔、「冷や」のまま貯蔵庫の大樽から木樽に「移(おろ)」して瓶詰したことから「冷移(ひやおろし)」と呼ばれ、珍重されてきました。
 旨味たっぷりの、まろやかでとろしとした円熟の味わいが<ひやおろし>の魅力です。

a0046113_11595574.jpg
大七 生酛純米(福島
    1.8L ¥2730
浦霞 特別純米(宮城)
    1.8L ¥2883
    720ml ¥1405
芳薫 特別純米(佐賀) 
    1.8L ¥2846
         *注目株
新政 秋田流純米
    1.8L ¥2100
奈良満 純米
    1.8L ¥3076  
    720ml ¥1364
ひやおろしって・・・・冷やでやるのもいいけれど、常温でやるとまたいいのよ
                  お燗すると更に安らぐのよ。

ひやおろしって・・・・秋だけじゃなく これからまろやかで豊かなあじわいに
                  変身するのよ~
                                 (女将の一言)
 
 
[PR]

# by awanoya | 2006-10-25 12:19 | 商品案内 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 2006ヌーボーパーティ開催 semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 24日

a0046113_111191.jpg
今年もやります!
 来月11月16日は 
    ボジョレーヌーボーの解禁日

 毎年恒例の ヌーボーパーティを
下記のように開催いたします。

 樽のからのヌーボーが飲めます。
     樽は2銘柄ご用意しました。


    日程 11月17日(金曜日) 解禁日翌日
    時間 午後6:45開場 (7:00スタートです)
    会費 5000円
    場所 サンルートいわき (平15丁目)

     美味しいお料理のバイキングです。
        70人定員ですので お早めにお申し込み下さい。

 お問い合わせ あわのや酒店 Tel0246-22-3311 Fax0246-23-3801
[PR]

# by awanoya | 2006-10-24 11:28 | イベント | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 和紙漉き体験 semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 21日

a0046113_1231351.jpg

 新潟は小国町へ行って 和紙漉き体験をしてきました。
前日は朝日酒造の酒蔵で酒造りの講義と見学でしたが これは後ほどご案内します。
 
 1、は 小国和紙工房の看板
 2、は 案内してくださった工房の娘さん
 3、は 紙漉きに欠かせない「とろろあおい」の処理をしています。
 4、は すいた紙を乾かしているところです

 紙漉は雪国ので田畑の仕事ができない長い冬の間に 家の中で女性や子供たちが内職として行なっていたようです。 (男手は出稼ぎにいってしまう)
  
  作業はすべて手で 4、の紙を乾かす作業を一枚一枚貼っていくのは単純ですがたいへんで、乾いてもよく出来なかったものは ラベルには使えないそうです。
 
 こうして幾工程を得て出来上がった紙がお酒のラベルなのです。
 今、このラベルを利用して、絵手紙や紙工芸に利用している方も増えています。
 店では popの用紙に使用したりしています。

 で 今回私が漉いてきたのが
a0046113_1364650.jpg

    これです(*^_^*) 
  中に入っているのは 朝日酒造の近くの「もみじ園」のもみじです。
 楽しい体験でした。と同時に ラベル一枚の重さも感じました。
[PR]

# by awanoya | 2006-10-21 13:13 | 日記 | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 つながった いがった semスキン用のアイコン02

  

2006年 10月 14日

インターネットサーバーに やっとつながりました。
 
ちょっとミスをしてしまいました。

 明日からは新潟へいってきます。

 ブログの更新は帰ってきたら がんばりますね~
[PR]

# by awanoya | 2006-10-14 19:35 | 日記 | Comments(0)

semスキン用のアイコン01 銘酒祭り in いわき の風景 semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 29日

9月26にち いわきの SALON de 蔵での名門酒祭りの風景です

a0046113_1822428.jpg
 雨の中来て下さったお客様
     ありがとうございました



a0046113_182306.jpg
 



蔵元さんとの会話を
  楽しんでいただけたようです。
 
 各蔵元さんもとても楽しかったそうですよ

 なかなか飲めないお酒、個性もそれぞれ
    気に入ったお酒はみつかったでしょうか

  お燗のお酒も好評だったようです。 これからいい季節ですね。
 
 皆さんの声 参考にしながら 美味しいお酒をこれからも紹介したいと思います。

 あわのや酒店 坂本でした。

 


 
[PR]

# by awanoya | 2006-09-29 17:51 | イベント | Comments(2)

semスキン用のアイコン01 日本酒大好き 集まれ! semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 14日

a0046113_19262331.jpg
名門酒 祭り in いわき
     日本名門酒会 福島支部主催
 
9月26日(火曜日)
 いわき市平5丁目のSLON de 蔵
日本名門酒会の利き酒会が開催されます。
 14時からは業務店様
 16時~19時が一般の方対象となります。

入場無料ですが 入場券が必要です。

 蔵構えのいい雰囲気の中で
    お好みの酒さがし、利き酒しませんか

 お問い合わせ あわのや酒店
                                        0246-22-3311 まで
[PR]

# by awanoya | 2006-09-14 19:31 | イベント | Comments(3)

semスキン用のアイコン01 北海道「男山 木桶仕込み純米原酒」 semスキン用のアイコン02

  

2006年 09月 04日

a0046113_16583329.jpg
 昭和40年代の味を再現した
  男山「木桶仕込み純米原酒」  
                  北海道より今年新登場
アルコール度   17度台
   日本酒度      -5
    使用米      美山錦
   精米歩合      60%

 百年前に作られたと見られる吉野杉の大桶を酒造りや食文化に欠かせないと木桶職人と蔵人の手によって復元  木桶仕込みによる酒が出来ました。 

 今でこそ「淡麗辛口」が主流のようですが 昔は甘口の 
お酒が多かったようです。
 このお酒も「-5」という日本酒度、昔のロマンあふれる
お酒の味をお楽しみ下さい。

  720ml 1,800円(税込み)
お問い合わせ あわのや酒店 Tel 0246-22-3311
[PR]

# by awanoya | 2006-09-04 17:13 | 商品案内 | Comments(2)